設備工事に伴って排出される蛍光管について(確認) 環境安全研究センター
2010年1月5日(火)





 設備工事などに伴って排出される蛍光管の排出方法としては、環境安全研究センターで行っている水銀含有固形廃棄物の回収(年4回:4、7、10、1月に実施)にて排出して頂くことが可能です。 設備工事として一括して契約し蛍光管を廃棄処理される場合には、必ず工事契約を結ぶ前に蛍光管の処理施設を視察し、処理方法などを把握後、適切に処理出来る事を確認願います。
 もし不明な点がございましたら、事前に環境安全研究センターまでご連絡下さい。一緒に検討させて頂きます。