適切な保管・管理

東京大学では、実験・研究に使用される全ての化学物質を、東京大学化学物質・高圧ガス管理システム(University of Tokyo Chemical Information Management System, UTCIMS)(学内専用)で管理することが義務付けられています。UTCIMSにより、化学物質・高圧ガスの入庫から出庫および廃棄までの取り扱い情報と在庫情報が一元的に管理され、いつ・誰が・どこで・どれだけ試薬を使用したかの帳票作成作業や在庫管理が簡単に行えます。