東京大学環境安全研究センター
2012.10.16
2012.11.7 PDF追加

第22回 東京大学 環境安全研究センターシンポジウム

「環境・安全における大学の社会貢献」



本案内のリーフレット(297KB)  ポスター(2.77MB)

日時:平成24年12月11日(火) 13時30分〜17時10分(開場13時00分)
場所:東京大学弥生講堂・一条ホール(会場地図
   (東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部構内)
主催:東京大学環境安全研究センター


■趣旨

環境安全研究センターでは毎年、環境安全研究センターシンポジウムを開催しております。このシンポジウムでは、環境と安全に関わる研究や事例紹介を通じた研究交流や社会への研究成果の還元を目的としています。第22回目となる今年は、「環境・安全における大学の社会貢献」をテーマとしてお送りします。


■シンポジウム内容

大学は、構成員が学生、研究員、教職員と多岐にわたり、流動性も高く、また近年では国際化も進んでいます。さらに、研究・教育のテーマも多種多様であるのみならず、新規性、専門性が高いため、環境安全管理において一般の民間企業とは異なる大学固有の問題を抱えています。一方、社会の安心安全に対する関心の高まりについては大学も例外でなく、研究・教育における安全の確保、それに起因する環境への負荷低減、環境安全に対する素養を身につけた人材輩出が大学としての責務であります。

 本シンポジウムでは、産学官のそれぞれの視点から、大学における環境安全管理・教育に対する展望を提示した上で、社会への貢献について議論いたします。多くの方々のご参加をお待ちしております。

<プログラム>
13:30−13:40 開会の挨拶
                 環境安全研究センター長 教授 尾張 真則
13:40−13:50 総長挨拶
                 総長 濱田 純一
13:50−14:30 特別講演「産から学への期待」
                 旭化成 元顧問 瀬田 重敏
14:30−15:00 講演1「米国の大学における環境安全教育」
                 環境安全研究センター 准教授 刈間 理介
15:00−15:30 講演2「大学における安全管理と安全教育」
                 工学系等安全衛生管理室 教授 土橋 律
15:30−15:40 休憩

15:40−16:10 講演3「大学における教育実験環境の展望−施設整備の立場から−」
                 文部科学省 大臣官房文教施設企画部 参事官 山ア 雅男
16:10−16:40 講演4「安全配慮型人材育成を目的とした教育手法の創成」
                 大学院新領域創成科学研究科 教授 大島 義人
16:40−17:10 講演5 「環境安全研究センターの今後の展開」
                 環境安全研究センター長 教授 尾張 真則
17:10 閉会


参加費:無料

参加申込み: メール、FAXまたは葉書にて、住所・氏名・電話番号・職業をご記入の上、11月30日(金)までに以下の宛先までお申込下さい。当日参加も可能ですが、資料準備の都合上、事前申込みにご協力をお願いいたします。

(本年度はFAX、はがきにてお申込みの際には返信をいたしません。宜しくお願いいたします。)

問い合わせ・参加申込み先:    〒113-0033 東京都文京区本郷7−3−1
東京大学環境安全研究センター
環境安全研究センターシンポジウム係 宛
電子メールアドレス:2012escsympo@esc.u-tokyo.ac.jp
(@マークは半角に書き換えてください)
TEL: 03-5841-2972   FAX: 03-5841-1233