センターHPトップへ

環境安全教育受講管理システムについて

 概要

 環境安全教育プログラムにおいて、(1) 誰が何を受講したかの管理、および、(2) 講義や講習の効果的な受講順番の提示、のための受講管理システムである。将来的には、(3) 本学構成員の効率的な環境安全衛生管理も視野に入れている。

 本システムでは、受講申込み、受講受付、受講履歴管理をすべて共通IDで管理している。システムへのログインは、情報システム本部が提供する学術認証フェデレーション経由で行う(図3)。



図3
図3. 環境安全教育プログラム受講管理システムログイン画面


 システム上でユーザーが入力する個人データは、部局、専攻、研究室、身分、姓名、学内メールアドレス、学内電話番号。安全管理の基本方針である、「人は組織、ものは場所、行動も場所」に則り[1]、ユーザーの所属部局は教職員の場合は本務部局、学生の場合は学生本人の所属部局となる。

 2016年1月開催以降の環境安全講習会および見学会参加申込環境安全講習修了証更新手続きは、各ユーザーが本システム(学内専用アクセス)を用いて行う。

 [1] 環境安全 No.138 論壇 (2013).



 共通IDについて

 本システムの利用に際しては「学務システム」あるいは「人事情報システム」の10桁の共通IDが必要である。共通IDは職員証あるいは学生証に記載されている番号のことである(図4)。共通IDをお持ちでない方は、研究室管理責任者等を通して、所属部局(受入部局を含む)の管理者にお申し出頂き、番号を取得するようお願い申し上げる。部局管理者は「人事情報システム部局管理者一覧」を参考にすること。



図4
図4. 職員証・学生証に記載されている個人番号


 ユーザーの手続き方法

 環境安全講習会・環境安全見学会の受講、および、既に取得している環境安全講習修了証(資格)の更新手続きについて、希望者本人が本システムから行う。手続きの概要を図5、6に示す。



図5
図5. 新システムの資格新規取得手続き概要


図6
図6. 新システムの講習会修了証(資格)更新手続き概要