第26回 東京大学 環境安全研究センターシンポジウム
「PM2.5 の実態と健康影響・気候影響」


本案内のリーフレット

日時: 2016年12月20日(火) 13:30-17:00(開場13:15)

場所: 東京大学 武田先端知ビル・武田ホール (地図) 

主催: 東京大学環境安全研究センター

◆趣旨

  最近、大気汚染の話題には「PM2.5」という言葉が しばしば登場してきます。PM2.5 とは、大気中にただよっている、大きさが 2.5 ミクロン以下の粒子のことで、英語の“Particulate Matter under 2.5 micrometer”の略です。
日本語では、「微小粒子状物質」と呼ばれています。
 以前からその有害性が指摘されてきましたが、この 10 年ほどで PM2.5 に関する研究が大きく進んできています。このシンポジウムでは、PM2.5 がどういうもので、人や地球環境にどのような影響を与えるか について、各方面のご専門の先生方にやさしく解説していただきます。


<プログラム>

13:30-13:40開場挨拶
 大島義人 教授(東京大学 環境安全研究センター長)
13:40-13:50理事・副学長挨拶
 南風原朝和 教授(東京大学 理事・副学長)
13:50-14:05主旨説明 PM10 の時代から PM2.5 の時代まで
 尾張真則 教授(東京大学 環境安全研究センター)
14:05-14:45PM2.5 の急性心筋梗塞・院外心原性心停止発症に対する影響と高感受性集団の同定
 小島淳 特任准教授(熊本大学大学院 生命科学研究部)
14:45-15:25高分解能質量イメージング装置の開発 PM2.5 を一粒ずつ分析して判ること
 坂本哲夫 教授(工学院大学 先進工学部)
15:25-15:40(休憩)
15:40-16:20地上と上空の PM2.5 を測る 常時監視測定局とライダー観測網
 清水厚 主任研究員 (国立研究開発法人 国立環境研究所地域環境研究センター)
16:20-17:00ブラックカーボンエアロゾルの気候影響
 近藤豊 特任教授(情報・システム研究機構国立極地研究所 東京大学名誉教授)
17:00閉会

参加費: 無料

参加申し込み:
メールまたは葉書にて、@氏名、A年齢、B住所、C連絡先電話番号、Dメールアドレス(無記載でも可)、E所属(御所属がない場合は記載不要)をご記入の上、

12月13日(火)までに以下の宛先までお申込下さい。当日参加も可能ですが、資料準備の都合上、事前申込みにご協力をお願いいたします。


お問い合わせ・参加申し込み先:
東京大学 環境安全研究センター シンポジウム係 宛
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
E-mail: 2016escsympo[replace with at sign]esc.u-tokyo.ac.jp
TEL: 03-5841-2972  FAX: 03-5841-1233