ごみ減量に、また一歩前進! 東京大学環境安全研究センター
Last Revised on January 23, 2014

 秋が深まると、キャンパス内の落ち葉の掃除に環境整備チームの皆さんが忙しくなります。集められた落葉は、例年、可燃ごみとして焼却されていましたが、2010年秋より、落葉の有効利用を目指して堆肥化に取り組んでいます。環境三四郎の諸兄、文京区民有志の皆さん、施設部保全・環境チーム、そして環境安全研究センタースタッフの協働作業です。
 新しいチャレンジに多くの皆さんの参画をお待ちしています。


「東京大学けやきの会」

  • 東京大学本郷キャンパスから発生する落葉の堆肥化の日常管理作業を行う
  • ごみ減量のため普及啓発、情報発信を行う
  • 学生・教職員・学外ボランティアの方々の参加をお待ちしています
今後の活動日程
  • 今期は第3火曜日が活動日です
  • 2014年2月18日、3月18日、4月15日、5月20日、6月17日、7月15日、8月19日を予定しています
    活動時間は13時30分〜15時30分です
  •  
     お問い合わせ:FAX 03-5841-1232 担当 横山
作業場所


参考資料
 学校ごみ〜ダイエットマニュアル(編集:文京区学校リサイクル推進マニュアル編集委員会)


これまでの活動記録 活動報告
  • 2010年11月10日(水) 14時〜15時
    天候に恵まれ、地域の皆さんや教職員、学生など約50名と多くの方に参加していただきました。ありがとうございます。
    この日は、学内から集められた約700kgの落ち葉を水に浸し、ぬかや薫炭と一緒にタヒロンバッグに詰める作業を行いました。


  • 2010年12月3日(金) 14時〜16時
    落ち葉がたくさん集まったので、約4トンの落ち葉をタヒロンバッグに積み込んだほか、堆肥箱にも落ち葉を積み込みました。


  • 2010年12月18日(土) 14時〜16時
    発酵が進んでタヒロンバッグに詰めた落ち葉が減っていたので、空いたところに新しく落ち葉を積み込みました。また、ずっと雨が降っておらず乾燥していたため、水をかけて水分を含ませました。
                                                    
    発酵が進んでいるため、切り返しをすると湯気が上がります

  • 2011年 2月 3日(木)13時〜15時
     雨が降らず異常乾燥が続いてい・スので、タヒロンバッグの表面の落ち葉は、乾燥したままでした。発酵の状態を確認することと切り返しの手順を検討するために、タヒロンバッグ2個を倒して切り返しをしました。落ち葉に十分水が浸透していないので、全部に給水しました。


  • 2011年 2月24日(木)14時〜16時
     タヒロンバッグのグループと板囲いのグループに分かれ、第1回の切り返し作業をしました。大変な重労働で息が切れました。汗をかきながら参加者は発酵過程のケヤキの落ち葉の香りを楽しんでいました。まだ水分不足だったので全部に給水しました。作業中はマスクを使用しました。
    けやき通信No.1を発行しました。


  • 2011年3月28日(月)14時〜16時
     前回出来なかった板囲いとタヒロンバッグの切り返し作業をしました。2回目ということで手順もよくなりました。落ち葉の色が濃くなり、目に見えて発酵の前進が確認できました。
    けやき通信No.2を発行しました。


  • 2011年4月21日(木)14時〜16時
     3回目の切り返しをしました。前回切り返しをしたことにより、温度が上昇しており、湯気がかなり出ていました。腐葉土らしい色になっていました。慣れてきたので、切り返しのスピードが早くなりました。
    けやき通信No.3を発行しました。


  • 2011年5月27日(金)14時〜16時
     待ちに待った腐葉土の完成です。半年かけて、延べ200人を超える参加者と一緒に育ててきた腐葉土の収穫です。五月祭で配布するために、袋づめ作業をしました。まだ未完成の腐葉土の切り返し作業もしました。 けやき通信No.4を発行しました。
    けやき通信No.4を発行しました。


  • 2011年5月28日(土)29日(日)
     2日間とも雨でしたが、さすが五月祭、たくさんの人で盛り上がりました。「東大けやきの会」のテントにも、東京新聞の報道を見て、足立区や江戸川区などから腐葉土をもらいにきた人がたくさんいました。300袋を用意しましたが、2日間ですべて配布できました。


  • 2011年6月22日(水)14時〜16時
  • 2011年7月14日(木)14時〜16時
     文京区と東大の連携事業として、腐葉土の配布が企画され、区広報でも紹介されました。二日間でおよそ350人がつめかけ、長蛇の列ができました。掻きだした腐葉土を各自ビニール袋に詰めて持ち帰りました。「腐葉土を使ってくれた人達が、秋には落ち葉の積み込み作業に参加して、一緒に腐葉土をつくる」という様に落ち葉の資源循環の環を回して行きたいものです。6月22日の様子が文京CATVの「文の京ウィークリーニュース」で報道されました。


  • 2011年7月5日(火)13時半〜17時
     実験用のタヒロンバッグの切り返し作業をしました。イチョウ100%は発酵は進んでいましたが、ベトベトの状態で、イチョウ30%・ケヤキ70%は、発酵がかなり順調で、よりよい腐葉土になりそうです。サクラは、完熟を通り越して、土の状態になりつつあるようでした。


  • 2011年8月1日(月)14時〜16時
     すべての実験用のタヒロンバッグの腐葉土を取り出し分析しました・Bケヤキは完熟腐葉土になっていました。タヒロンバッグに軽く積み込んだ(60s)ものは、切り返し無しでも完熟していました。サクラは完熟を通り越して、土のようになっていました。イチョウは分解が十分でなく、2年かかりそうです。イチョウとケヤキのブレンドの場合は、ケヤキはむしろケヤキ100%より発酵が進んでいるようでした。


  • 2011年8月11日(木)
     新宿高島屋で開催された「エコ100選」のワークショップに参加しました。小学生の部では、「学校のごみダイエット」の紙リサイク・汲小学生に体験してもらいながら発表しました。大人の部では、落ち葉を8.5トン堆肥化したことを発表しました。結果として大幅なごみ減量を実現し、大量の腐葉土を希望者に配布した事も報告しました。


  • 2011年10月20日(木)14時〜16時
     第U期の準備のため、出来た腐葉土を掻き出し、土嚢袋に詰めてタヒロンバッグを空にしました。40袋前後の腐葉土が入っていました。


  • 2011年11月3日〜5日
     東洋大学で開催された廃棄物資源循環学会に参加しました。市民部会の展示コーナーに東大けやきの会の活動と小学校のごみ減量の取り組みを展示しました。またポスター発表も行い、東大のごみ減量の実績をアピールしました。全国から集まった学会員(研究者・市民)の方々から激励の声を頂きました。
    けやき通信No.5を発行しました。


  • 2011年12月8日(木)14時〜16時
     第U期スタートの日、あいにくの寒い雨となり、作業を短縮しました。タヒロンバッグを配置しなおして堆肥場を整備しました。新しい落ち葉が堆肥場に集まっていました。今期は、新しい落ち葉の放射能を測定して安全を確認し、計量して積み込むという手順になります。
  • 2011年12月19日(月)14時〜16時
     放射能を測定した結果、安全が確認されたので、積み込みが可能となりました。計量が完了したものから堆肥箱に積み込みました。工学部の環境整備チームが頑張ってくれました。大量に集まった落ち葉を計量して、積み込みしやすいように、区分けしました。
     今期の新しい実験は落ち葉を生分解性のごみ袋に積み込み、袋の生分解について経過を観察します。けやきの会のプロジェクトはごみ減量が目的なので、大量の落ち葉を入れたごみ袋がごみになることは目的に反します。袋の再利用を推進するとともに、今回の実験結果を踏まえて生分解する袋の利用について検討します。


  • 2012年1月12日(木)14時〜16時
  • 2012年2月8日(水)13時〜15時
     両日共、寒さが厳しい日でした。それに負けない熱気で頑張りました。タヒロンバッグから腐葉土をかき出しながら、新しい落ち葉を積みこむという作業になりました。工学部の環境整備チームが前回同様活躍してくれました。まだまだ積み込みは終わりません。
  • 2012年2月22日(水)14時〜16時
     今回はタヒロンバッグに15ヶ月間積み込んだ腐葉土をかき出しました。香りも良く、とてもよい状態で一同喜びながら作業をしました。
  • 2012年3月7日(水)13時30分〜15時
     第T期の後半に積み込んだケヤキとイチョウ100%のタヒロンバッグの切り返し作業をしました。イチョウには、今年のケヤキを加え、攪拌後積み込みました。


  • 2012年4月17日(火)14時〜16時
     2011年のケヤキの落ち葉を積み込んだ堆肥箱を糠・水を加えながら切り返し、さらに117 kgのケヤキの落ち葉を投入しました。この日は同時に2010年からイチョウとケヤキを混合して積んでいるタヒロンバッグも切り返しました。
    けやき通信No.6を発行しました。
  • 2012年5月23日(水)14時〜16時
     4月に続いて2011年のケヤキの落ち葉を積んだ堆肥箱に糠・くん炭・水を加えながら切り返し、約300kgのケヤキの落ち葉を投入しました。さらに2010年に積んだイチョウ100%も切り返しました。イチョウは固まっていたので、手でほぐして、糠・くん炭を混ぜ積み込みました。強い臭気がありました。


  • 2012年6月12日(火)14時〜16時
     梅雨に入り小雨の中の作業でした。前回切り返した2010年に積んだイチョウと2011年に積み込んだケヤキのタヒロンバッグを切り返して終了しました。イチョウの臭気は消え、切り返しの効果を実感しました。雨にも関わらず、22名の参加がありました。
  • 2012年7月4日(水)14時〜16時
     堆肥箱を切り返しました。発酵が進み「かなりよい状態」になっていました。堆肥箱には合計90 kgのケヤキの落ち葉を投入しました。
    けやき通信 2012年7月特別号を発行しました。
  • 2012年8月9日(木)
     新宿高島屋で開催された「エコ100選」のワークショップに参加しました。小学生の部「学校ごみダイエット・リサイクルおもちゃを作ろう」では、まず紙のリサイクルには分別が大切であることを体験してもらいました。さらに不用になった機械の部品などを使って、「ロボット」を作成しました。小学生・大人の部「チャレンジ イチョウ腐葉土で菊を育てよう!」では、2年かけて作成したイチョウの腐葉土を使って、菊作りを体験してもらいました。どちらも、希望者が多く大盛況でした。

  • 2012年8月30日(木)14時〜16時
  • 2012年9月11日(火)14時〜16時
     この夏の暑さで、堆肥場の草がのびたため、早めに集合し草取りをしました。堆肥箱に積んだ落ち葉を切り返すと、ほぼ完成に近い状態になっていました。
  • 2012年10月9日(火)14時〜16時
     湯島天神の「菊祭り」で腐葉土を配布するために、袋詰め作業をしました。同時にまた、堆肥箱の切り返し作業も行いました。
  • 2012年10月24日(水)14時〜16時
  • 2012年11月28日(水)14時〜16時
     切り返し作業と袋詰め作業をし、第V期の積み込みのための準備をしました。
  • 2012年12月11日(火)14時〜16時
     本日より第V期がスタートしました。3回目の積み込みになるため作業がはかどり、堆肥箱3箱の積み込みを行いました。
  • 2013年1月29日(火)13時30分〜15時30分
     堆肥場全面に降りそそいだ枯れた針葉樹を撤去しました。天候にも恵まれ、堆肥箱1箱及びタヒロンバッグ4基に積み込みを行いました。

  • 2013年2月26日(火)13時30分〜15時30分
  • 2013年3月26日(火)13時30分〜15時30分
  • 2013年4月16日(火)13時30分〜15時30分
     2月、3月に引き続き「糠・くん炭・水」を加えながら落ち葉の積み込み・切り返しをしました。2012年秋に集めたケヤキ・イチョウのほぼ全量を積み込みました。

  • 2013年5月21日(火)13時30分〜15時30分
  • 2013年6月18日(火)13時30分〜15時30分
    発酵促進のために、3月に一部の堆肥容器に「カニ殻」を投入してみました。未投入のものと比較して温度上昇がみられ、発酵促進が認められました。

          
  • 2013年7月9日(火)13時30分〜15時30分
     東京大学では「ごみを分別し資源化すること」によってごみ減量に取り組んでいます。さらにごみ減量を進めるために、落ち葉をごみにせずに腐葉土をつくり資源化を推進している「東京大学けやきの会」の活動を説明しました。 今回はとりわけ腐葉土に出来にくいと言われてきたイチョウを腐葉土にした過程を学び、作業の一部(切り返し)を体験しました。

          
  • 2013年7月23日(火)13時30分〜15時30分
  • 2013年8月20日(火)13時30分〜15時30分
  • 2013年9月17日(火)13時30分〜15時30分
  • 2013年10月22日(火)13時30分〜15時30分
     腐葉土の出来具合を確認しながら、かき出し作業・切り返し作業を続けました。夏の高温のためか、例年より早めに熟成している様子が観察されました。
  • 2013年11月1日(火)〜23日(金)
     東大の腐葉土を使用して育てた菊が、「文京菊まつり」に多数展示され、小学校の部及び大人の部で数々の賞を受賞しました。なかでもイチョウ混合の腐葉土で育てた菊が見事な花を咲かせて注目されました。(写真右)
     期間中、市民の皆さんに腐葉土を配布し、喜ばれました。

          
  • 2013年11月19日(火)13時30分〜15時30分
     切り返し・袋詰作業及び第W期の積み込み準備作業をしました。

          
  • 2013年12月17日(火)13時30分〜15時30分
    本日より第W期がスタートしました。天候に恵まれ、33名の参加がありました。学内から集められたケヤキの落ち葉を計量し(写真左)、堆肥箱やタヒロンバッグに積み込みを開始(写真右)しました。

          


ホームに戻る